入園のご案内

guideline園児募集要項

令和2年度 園児募集要項

募集人数 1年保育(5歳児):若干名(平成26年4月2日~平成27年4月1日生まれまで)
2年保育(4歳児):若干名(平成27年4月2日~平成28年4月1日生まれまで)
3年保育(3歳児):20名 (平成28年4月2日~平成29年4月1日生まれまで)
満3歳児入園…3歳のお誕生日の翌日から入園できます。
募集期間 【入園申込開始:令和元年 9月2日(月)より】
随時見学をお受けします。お電話またはホームページ右上の黄緑色のボタンよりご予約ください。
応募方法 入園願書のお受け取りとご面談を同時に行いますので、お電話等でお時間のご予約をされた上で、くるみ幼稚園までお越しください。
願書のお取り寄せ方法などは以下の通りです。
※いずれの方法もおとりになれない場合は、面談時にご記入いただけますのでその旨お伝えください。

1.お電話でのお問い合わせ TEL:0268-75-6113
2.FAXでのお受け取り FAX:0268-64-6318
3.本ページの入園願書(PDF)をダウンロードして印刷
お問い合わせ先 学校法人くるみ学園 くるみ幼稚園
〒389-0517 長野県東御市県326-5
TEL:0268-75-6113
FAX:0268-64-6318
E-mail:kurumiyouchien059@beige.plala.or.jp
くるみ幼稚園「入園願書」

保育費用の詳細

費用について 1.入園料:21,000円→0円
2.保育料:22,500円→0円
 ※令和元年10月より無償化

3.バス代:3,000円【月額】(バス通園をご希望の場合)
 ※ご兄弟で在園する場合、下のお子さんは半額(1,500円)になります。
4.給食費:3,500円【月額】(誕生会、お楽しみ会には給食あり)
 ※月曜日…半給食/火曜日…おむすび/水曜日…パン給食
5.令和元年10月より、入園料、保育料が無償化されます。
 満3歳児入園も同様に入園料、保育料共に無償化されます。

※制服やカバンなど、ご用意いただくものについては別途ご案内します。
預かり保育 【普通保育のある日】15:00~18:00 30分50円
【土曜保育】8:00~12:00(普通保育のある週末のみ)
【春季】8:00~18:00 卒業式終了後~3月中
【夏期休業中】特別保育を実施(お盆期間は除く)
【年始】8:00~18:00 1月3日以降~始業まで

★新2号認定は無償化されます
※認定の要件や、預かり保育の詳しい内容については、お問い合わせください。

Sponsor donation「くるみ学園 園舎改築・教育振興資金」協賛募金について

保護者の皆様

平素より学校法人くるみ学園の教育運営にご理解とご協力を賜り厚く御礼申し上げます。
当園は、昭和55年初代園長栁沢巽によって創設されました。以来、一貫した教育方針の下、40年歩み続けてまいりました。これも偏に、これまで当園にご支持いただいた多くの方々の尽力の賜と深く感謝いたしております。今後とも、教職員一同全力を尽くし一丸となって教育の充実と発展にまい進する所存でございます。
昭和55年創設されました園舎は、旧建築基準で建てられたものであり、何年にもわたり再三、県より耐震診断をするよう求められておりました。昨年、耐震診断をいたしましたところ、耐震基準に満たず、耐震補強か改築かの選択を迫られました。40年と言う長い年月を経ている事を考えまして、この度理事会の承認を得て園舎改築をする運びとなりました。
昨今の少子化に伴う学齢人口の減少が進み、教育の多様化等により、幼稚園を取り巻く環境は非常に厳しいものとなっております。こうした厳しい状況の中で、更なる教育の充実と発展に向けて、園舎の改築・教育環境の整備を計画的に行っていく必要があります。
当園の建学の精神の実現に向けた教育活動、園舎改築にご理解を頂きまして、ご賛同ご支援いただける方々からの、寄付を賜りたくご協力をお願い申し上げます。 学校法人 くるみ学園 くるみ幼稚園
理事長 園長  月岡 栄子

学校法人 くるみ学園 くるみ幼稚園

「くるみ学園 園舎改築・教育振興資金」協賛募金について

名称 くるみ学園 園舎改築・教育振興資金
目的 園舎改築・教育施設整備の改善・教育環境の整備
目標額 1000万円
寄付金 一口一万円【何口でもご寄付いただけます】
期間 通年で受け付けております(令和元年10月1日より受付開始)
お申込み方法 銀行口座振り込みをお願いいたします。
八十二銀行  田中支店(316)普740029
学校法人 くるみ学園 くるみ幼稚園
理事長園長 月岡 栄子
学校法人 くるみ学園 くるみ幼稚園

税制上の優遇措置について

個人の皆様、法人の皆様方がご寄付をされた場合、税制上の優遇措置を受ける事が出来ます。

◆個人の場合

(1)個人所得税の寄付金控除
当園は文部科学省より「税制特別措置法施行令第26条の28の2第1項第2号に規定する要件を満たす法人」及び「所得税法施行令第217条第1号の2第3号又は第4号及び法人税法施行令第77条第1号の2第3号又は第4号に掲げる特定公益増進法人」である事の認定を受けておりますので、その「証明書(写し)」により、次のいずれかの控除を受ける事が出来ます。なお、特定公益法人の認定は5年間有効となります。

税額控除 所得控除
寄付金控除の内容 所得税額から直接控除 課税前の所得から控除
控除額 (寄付金-2千円)×40% 寄付金額-2千円
申告時期 ご寄付された翌年の確定申告時 ご寄付された翌年の確定申告時
申告方法 寄付金領収書を確定申告書類に添付して税務署に提出してください
寄付金控除額 所得税額から直接控除 課税前の所得から控除
寄付金控除の内容
(目安)
(例)課税所得が400万の方が1万円を寄付された場合
(1万円-2千円)×40%=3200円 1万円-2千円=8000円
(課税前の所得から控除されます)
所得税率20%とした場合
8000×20%=1600円

★所得金額と寄付金額により、税額控除が有利か所得控除が有利か変わってきますので、詳細は園か税務署にお尋ねください。

◆法人の場合

日本私立学校振興・共済事業団を通じて当園にご寄付頂くことにより、法人税法上、寄付金支出額の全額を損金算入できる「受配者指定寄付金制度」がご利用になれます。
受配者指定寄付金制度による寄付をお考えの方は、当園までお問い合わせください。

個人情報について

ご寄付により得た個人情報につきましては、領収書、お礼状の発送のみに使用し、適正に取り扱います。

pagetop